陸マイラーのぼやき

1998年にJALカードを手にして陸マイラー活動を開始。JAL⇒デルタ⇒ユナイテッドを経て、2016年夏からはANAマイルをメインに。他社マイルを含めて年間24万マイルの獲得を目指します。本ブログでは、お得なマイルの貯め方、搭乗記や旅行記、生活一般のお得情報、旅行に出ない時は旅行記代わりの食歩記などをテーマに記事をアップします。 特に海外旅行記では、出発前の事前リサーチではよくわからなかったけど現地に行ってみたらこうだった、という記事を中心に書いていきます。

8/1~セゾンパール QUICPay還元率が最高3%⇒2%へ。秋以降は更なる改悪も?! d払いのdカード以外のクレカ払いへのポイント付与も5月末まで

こんにちは、ぼやきです。

ほぼ1か月ぶりの記事となりました。

GWは、関西圏の妻実家⇒大阪W宿泊⇒サッポロ割(札幌グランド&ANAクラウン札幌)での滞在を楽しみました。改めて旅行記として記事にしたいと思います。

 

さて、以前当ブログでもご紹介し、私も保有しているセゾン・アメックス・パールカードですが、QUICPay利用(1,000円以上の決済月)で最高3%の還元がメリットでした。

その還元率が、8/1からは最高2%となり、11/1以降の還元率は別途ご案内と、更なる改悪の予告かのような記載となっていました。

 

公式サイトにも記載があります。

【公式】セゾンパール・アメリカン・エキスプレス®・カード|QUICPay(クイックペイ)で3%還元 (saisoncard.co.jp)

 

三井住友発行のLINEクレジットカードも3%⇒2%⇒1%と段階的に改悪、というか、一般的な還元率水準にまで落ち着きました。

本カードにおいても、QUICPay決済限定とはいえ高率還元の維持が難しくなったのでしょう。

かくいう私は先日セゾン・アメックス・ビジネス・プラチナにキャンペーン入会したこともあり、当面はこちらをメインにつかっているので、パールカードはお蔵入り状態でした。。。

 

もう一つの改悪はd払い。

こちらは既に3月にプレスリリースがされていますが、dカード以外のクレカ決済でのdポイント付与は6/1以降対象外となる件のリマインドです。

d払いの一定の普及を受けて、バラマキから囲い込みのフェーズとなり、ドコモ主催の各種キャンペーンなどでは、dカード以外のクレカ利用時はインセンティブ付与対象外となるケースが増えてきましたが、いよいよその運用が定常化したということですね。

 

ただ、私は保有JCBカードからANAプリペイドJCBにチャージをして使ってもいるのですが、ANAプリペイドJCBにはICチップがなく磁気カード決済(磁気読み取りとサイン)が必要だったりと、対面決済では利便性が低いものでした。

d払いに紐づけることで非接触決済が可能となるので、dポイントはつかなくなってもその限りにおいては利用継続しようと思っています。。。

 

いつもご覧いただきありがとうございます。