陸マイラーのぼやき

1998年にJALカードを手にして陸マイラー活動を開始。JAL⇒デルタ⇒ユナイテッドを経て、2016年夏からはANAマイルをメインに。他社マイルを含めて年間24万マイルの獲得を目指します。本ブログでは、お得なマイルの貯め方、搭乗記や旅行記、生活一般のお得情報、旅行に出ない時は旅行記代わりの食歩記などをテーマに記事をアップします。 特に海外旅行記では、出発前の事前リサーチではよくわからなかったけど現地に行ってみたらこうだった、という記事を中心に書いていきます。

Tマネー かざして支払い・ID・Mastercardコンタクトレス/カード番号での支払が本日終了 モバイルSuica・切手で残高消化

こんにちは、ぼやきです。

そもそもあまり使っている人も少ないかもしれません。

私も普段使いはしていないので、1年前のTマネーのキャンペーンの際にチャージ・利用をして還元されたインセンティブ1,000円程度の残高が残ったままでしたが、

 

Tマネーの「かざして支払い・ID・Mastercardコンタクトレス/カード番号」での支払いが本日1/25の23:59で終了するとのこと。

かざして支払いが出来なくなると、Tマネーを紐づけているTポイントカードのプラスティックカードで、ツタヤ、ファミマ、牛角吉野家プラス一部のドラッグストアやスーパーくらいの限られた加盟店でしか使えない、とても使い勝手が悪いものになってしまうので、駆け込みで残高消化をすることにしました。

 

Mastercardのカード番号で決済が可能なのであれば、真っ先に思いつくのはAmazonギフト券チャージです。

しかしカード番号を表示させようとすると、ナビダイヤルでの携帯認証が必要とのことで、追加コストを10円要します。

いまだに携帯の無料プラン対象外のナビダイヤルを使っているところがTポイントのイケてなさを示しているようにも思えてならないうえに、

なんと、Tマネー関連サービスは1/25の午前11:59で終了してしまうということで、即ち1/25の1200-2359の間は自分のMastercardのカード番号も確認出来なくなってしまうということですので、金融サービスとしてはいいのか?とすら思えます。。。

 

ということで、結局は、モバイルSuicaへのApple Pay経由でのチャージと、端数は郵便局でのiD利用による切手購入で全額消化しました。

モバイルSuicaチャージは500円/1,000円単位なので、チャージ単位に微妙に足りない分はTポイント残高から1ポイント(=1円)単位でTマネーに即時チャージを行うことで調整可能です。

 

いつもご覧いただきありがとうございます。