陸マイラーのぼやき

1998年にJALカードを手にして陸マイラー活動を開始。JAL⇒デルタ⇒ユナイテッドを経て、2016年夏からはANAマイルをメインに。他社マイルを含めて年間24万マイルの獲得を目指します。本ブログでは、お得なマイルの貯め方、搭乗記や旅行記、生活一般のお得情報、旅行に出ない時は旅行記代わりの食歩記などをテーマに記事をアップします。 特に海外旅行記では、出発前の事前リサーチではよくわからなかったけど現地に行ってみたらこうだった、という記事を中心に書いていきます。

TOYOTA Wallet(トヨタウォレット) iD/Mastercardコンタクトレス加盟店(国内)/Mastercard加盟店(オンラインショッピング)利用で1.5%還元! 初回登録で1,000円付与!! Kyash経由のチャージでポイント三重取りも可能

スポンサーリンク

こんにちは、ぼやきです。

 

2019年11月に初回登録(またはチャージ)で500円付与キャンペーンとともにリリースされたTOYOTA Wallet。

トヨタの決済アプリ | TOYOTA Wallet | トヨタウォレット (toyota-wallet.com)

 

その後初回キャンペーンは1,000円に増額されましたが、あまり使うメリットを感じることがないため、アプリはいれているものの、使わずに放置していました。

 

f:id:okamilernoboyaki:20210424015715p:plain

(1年半にわたって初回特典を継続出来ている体力が、ある意味さすがトヨタと感心してしまいます)

 

それが1.5%還元ときました!一気に形勢逆転です!!

f:id:okamilernoboyaki:20210424015603p:plain

(1.5%の付与単位は1決済ごとに算出。当月分合計を翌月10日以降に付与)

 

これ、auPAYへのチャージは閉じられましたが、Suicaチャージも出来ますし、改悪したKyashを経由してTOYOTA WalletにチャージしてiDで使えばKyash 改悪後0.2%還元から脱することも可能となります。

 

以下詳細です。

 

TOYOTA Walletは、

  • TOYOTA Wallet残高(事前チャージ=プリペイド型)
  • TS CUBIC Pay(後払い=クレジット型)
  • 銀行Pay(即時引落=デビット型)

と3つの方法がある決済アプリです。

 

TOYOTA Wallet残高へのチャージは、

  • クレカ
  • TS CUBIC Pay
  • 銀行口座

からとなります。

クレカチャージは、トヨタファイナンス三井住友カード等のVJAグループ各社及びSMBCファイナンスサービス発行のVISA/Masterカード、またはSMBCデビットカード(VISA)からのチャージは無料。

その他クレカからは1回204円の手数料がかかりますが、現在は無料対応中です。

 

クレカからの事前チャージはVISA/Masterからイシュアーフリーでチャージ可能であるのと、一時期までは(Mastercardブランドのため)auPAYのチャージ元として登録出来たため、手元のVISAカードからauPAY残高チャージをするためのパスとして活用されましたが、現在はそのルートは閉じられてしまっています。

 

 このTOYOTA Walletが2021年4月13日より、iD/Mastercardコンタクトレス加盟店(国内)/Mastercard加盟店(オンラインショッピング)の利用で1.5%還元とすると発表しました。

Kyashは改悪でクレカ経由の決済は0.2%になってしまっています。

恐らく電子決済での最高還元率はセゾンパール・アメリカンエキスプレス・カードのQUICPay利用での3%還元ですが、もちろんこのカードによる決済に限られます。

 

TOYOTA Walletの場合は、イシュアーフリーで1.5%還元となるため、チャージ元クレカのポイント付与対象であればポイント二重取り、Kyashを経由すれば三重取りが可能となります。

また仮に各種チャージがポイント付与対象外のクレカの場合でも、利用累計額に加算される場合は、メリットともなります。

 

初回1,000円付与ですが、銀行Payの場合は口座登録のみで付与されます。

ただ、大手行は三井住友銀行とゆうちょ銀行のみなので、カバー率が低いのも確かです。

f:id:okamilernoboyaki:20210424020134p:plain

クレカの場合は、初回に500円以上のチャージが必要となります。

 

TOYOTA Wallet(iD/Mastercard)へのチャージには上限額があります。登録後一定期間は月5万円、その後は月30万円が上限となります。

  • 1回 5万円
  • 1日 30万円(※)
  • 1ヶ月 30万円(※)

(※:登録後一定期間は5万円に制限)

 

現在のところ、還元対象外取引としては、

  • TS CUBIC Payでのお支払い
  • 銀行Payでのお支払い
  • my routeでのTOYOTA Wallet残高払い
  • EPARKテイクアウトのWEB上でのTOYOTA Wallet残高払い

が明記されています。

Mastercard加盟店(オンラインショッピング)も対象というのもメリット大ですね。

3Dセキュアにも対応していて、TOYOTA Walletのログインパスワードを使用します。

通常はポイント付与対象外とされることが多い税金やふるさと納税も還元対象ということになりますね。

しかしこの手のインセンティブは常に改悪との闘いなので(今は普及までのバラマキフェーズ)、メリットを享受できる間にありがたく使わせていただきたいと思います。

 

いつもご覧いただきありがとうございます。