読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

陸マイラーのぼやき

陸マイラーがマイルや旅行、クレジットカードなどについて勝手にぼやいているブログです

旅行記 ニース発着 モナコ・エズ村半日ツアー フラゴナール香水工場見学付

スポンサーリンク

 

本日の旅程

こんにちは、ぼやきです。

(※2015年4月の南仏旅行記を2017年2月に作成しています)

南仏旅行1日目、時間を有効活用するためと、フラゴナール香水工場見学は午前のみ立ち寄り可能だったため、モナコ・エズ村半日ツアーを午前に入れました。

 

早めに起きてチェックアウトも済ませ、ホテル裏手のマスナ通りにあるハーゲンダッツでクロワッサンとコーヒーの軽い朝食をとり、0845に集合場所であるB4 PLAZA Hotel前に向かいます。

オプショナルツアーはこちらでお願いしました。Web経由の申込で5%引きになりました。

半日観光 > 絶景エズ村とモナコ公国 – マイ コートダジュール ツアーズ

このツアーに加え、最終日に再びニースに戻ってきた際に、ベレのワイナリー巡りをチャーターでお願いしました。

半日観光 > ニースのワイナリー巡り・ベレ – マイ コートダジュール ツアーズ

ニースからモナコへ出発

乗合のバンですが、他の参加者がいなかったため、結果的に貸切となりました。

車番の連絡は特にないですが、時間になればなんとなくお互い分かって声をかけあうので心配は不要です。

ニース中心部からモナコに向かう途中の絶景ポイントで、車を路側帯に停めて撮影タイムを取ってくださいました。

f:id:okamilernoboyaki:20170212024827j:plain

モナコ観光

モナコに到着。モナコ公室御用達のショコラトリー・ドゥ・モナコへ。

トリップアドバイザー ショコラトリー・ドゥ・モナコ

f:id:okamilernoboyaki:20170212024903j:plain

グレースケリーとレーニエ大公との結婚式の引き出物となったカップ型のチョコをおさめたものが、COFFRET GRACE KELLY”(グレース・ケリーの宝石箱)。モナコ公国の紋章が箱に印されています。

f:id:okamilernoboyaki:20170212025553j:plain

モナコへは入国審査はないのですが、市庁舎にいくとパスポートにモナコのスタンプを押してもらえます。

f:id:okamilernoboyaki:20170212030112j:plain

 

f:id:okamilernoboyaki:20170212030721j:plain

 宮殿前。

トリップアドバイザー モナコ大公宮殿

f:id:okamilernoboyaki:20170212030826j:plain

時間が合えば、衛兵の交代を見ることができます。

f:id:okamilernoboyaki:20170220221919j:plain

宮殿からマリーナ、モナコGPスタンドが一望できます。 

f:id:okamilernoboyaki:20170212041912j:plain

カジノ。午後参加組は自由時間が長めとのことで、パスポートを持参していればカジノに入場出来るとのこと。

トリップアドバイザー モンテ カルロ カジノ

f:id:okamilernoboyaki:20170212030917j:plain

フラゴナール 香水工場見学

全く知らないメーカーでしたが、ファクトリーショップで買ったクリームを妻が気に入り、その後も通販やフランス旅行の際に買い求めて使っています。

トリップアドバイザー フラゴナール

f:id:okamilernoboyaki:20170212031008j:plain

f:id:okamilernoboyaki:20170212031058j:plain

エズ村観光

f:id:okamilernoboyaki:20170212031311j:plain

f:id:okamilernoboyaki:20170212031155j:plain

急な勾配の石畳の道を登っていくので、動きやすい服装、靴がお勧め。頂上に行くには、別途植物園への入場料が必要。

トリップアドバイザー エズ植物園

f:id:okamilernoboyaki:20170212031413j:plain

f:id:okamilernoboyaki:20170212031450j:plain

ニース駅で解散

ツアーは13時にニース駅で解散。1400発のTGVに乗り、TGVアヴィニョン駅を経由してアヴィニョン中央駅には1732の到着予定です。

今回は、フランス国鉄の日本語HPからチケットを購入し、QRコード付乗車券をプリントアウトして持参しました。

日本語HPからの購入は、1購入(1区間ではない)につき1,500円の手数料が固定でかかってしまいますが、駅名検索も含めて日本語で行える手軽さがありますし、チケットを日本からプリントアウトして持っていけるのは安心材料の1つでもあると思います。

 

※日本語での購入はこちらからどうぞ

 

 ニース駅。向かって左手にあるPaulでランチを済ませました。今回の旅行は移動が多いことと相まって、ランチのPaul比率も高かった気がします・・・。

f:id:okamilernoboyaki:20170212031506j:plain